Wikipedia:サンドボックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウィキペディアへようこそウィキペディアについてヘルプサンドボックスについて
Sandbox.svg

Wikipedia:サンドボックスへようこそ!

ここは、ウィキペディアで編集・執筆をするための練習や実験などに使用できるページです。

ノートページへ投稿するための練習は、Wikipedia‐ノート:サンドボックスを使用してください。ビジュアルエディターの練習には Help:ビジュアルエディター/sandbox が使えます。ログインすれば利用者サンドボックスも使えます。

初心者の方は、このページを編集する前に、ガイドブックやヘルプのページの編集などもぜひ参考にしてください。あなたの今後の編集活動にとって、とても重要な内容が書かれています。

サンドボックスに書き込まれた内容は、日本時間午前0時の時報とともに、この案内文(テンプレート)を残してすべて除去されます。ただし、実際は時報より少し遅れます。また、過去の版は、履歴からたどることができます。著作権上問題のある書き込みや、エチケットに反する書き込みなどはやめてください。もしそのような書き込みを見つけたときは、Wikipedia:管理者伝言板/各種初期化依頼に連絡してください。

川上 剛司(かわかみ こうじ)
基本情報
本名 川上 剛司(かわかみ こうじ)
通称

軽量の絶対王者

こうちゃん
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1981-01-17) 1981年1月17日(37歳)
出身地 日本の旗 日本
身長 163cm
体重 63kg
階級 ライト級
バックボーン 空手キックボクシング
テンプレートを表示

川上 剛司(かわかみ こうじ、1981年1月17日 - )は、日本の男性空手家キックボクサー格闘家タレント大阪府吹田市出身。元正道会館所属(初段)。現在の所属は非公開。身長163cm、体重63kg、血液型はA型である。星座は山羊座。

==プロフィール==  身長163cm、体重63kgと小さな体で戦い、2005年からプロ格闘家として本格的に活動を始め、2012年からはタレントとして芸能活動も始める。元々は正道会館に所属していたが、現在は正道会館に所属はしていない。現在の所属は非公開となっている。家族は3人姉弟の2番目で長男(姉と弟がいる)。両親は離婚していて、母子家庭で育てられるが、母親は2004年9月に卵巣癌で他界。A型。両親、姉弟もA型。右利きである。23才の頃までは体重が45kgしかなかった。中学時代はサッカー部に所属していて中学3年生になった時にK-1に憧れてサッカー部を辞めた。小学生の頃から体操競技も得意としバク転なども簡単にできるほど昔からアクロバティックな事をするのが好きだった。体操競技を練習したのは常にジャッキーチェンを尊敬していてDVDも購入するほど大ファンであるためである。普段は、ボケもツッコミもするおふざけキャラで、ホスト時みたいな服装や髪型、介護ヘルパー2級の資格も持っているためか、優しく真面目なところがあり、見た目とのギャップがありすぎて、友人などにも格闘家には見えないと言われている。しかし、元No.1ホストと言う経歴を持ち介護ヘルパーの資格を持つ異色の格闘家。2008年西日本空手道選手権大会(無差別級)4位、2008年全日本ウエイト制空手道選手権大会(軽中量級)では準優勝、2009年全日本ウエイト制空手道選手権大会(軽量級)優勝と最優秀選手賞、2010カラテワールドカップ(軽量級)でも優勝、更に2013年に開催された「KARATE WORLD CUP」に参戦し、上の階級であるミドル級で、6試合を戦い抜き、その内の3試合をKOで勝利し、またもチャンピオンに返り咲いた。3年のブランクを乗り越えて2階級制覇、2連覇、3回目のチャンピオンに輝き、3冠の王者を獲得した。同時に「世界ミドル級チャンピオン」も手にした。試合では軽量級の体重をもろともしないパワーで一本勝ちやKO勝ちが多く、ほとんどがハイキックで、ハイキックの繰り出すタイミングや鮮やかさが綺麗で華麗に相手を倒す事から「華麗なKOマシーン」と呼ばれるようになった。特にハイキックのスピードは世界トップクラスであり、得意技としても高速なハイキックは相手のガードが間に合わない程と言われている。普段は体重57~60kg、体脂肪率は10%前後を維持し、試合1ヶ月前から食事やトレーニングで体重を63kg前後、体脂肪率は普段と同じ10%前後に合わせている。元々体重が増えない体質のためか3kg増やすためにかなりの苦労をしている。体格や身長差などをカバーするために無理なトレーニングや試合をしているためか、1年に3回ぐらい右手の指や拳を骨折している。自分では「才能がないから他人より努力をする」と常に心掛けていて、念願の空手チャンピオンに28才にして獲得した。スタイルとしては主に空手やキックボクシングを主体としているが、空手やキックボクシング以外にも、ボクシングテコンドー総合格闘技などさまざまな格闘技も習得している。剣術棒術トンファーヌンチャクなども使いこなせる。現在は瓦割りやバット折り、護身術、講義や経験談を語ったりしながらイベント活動や芸能活動を中心にタレントとしても活躍している。時にはボディガードなども行い、常にトップアスリートのトレーニングやプロ格闘家としてのスパーリングを欠かしてはいない。


来歴[編集]

誕生と同時に