translatewiki.net

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
translatewiki.net
translatewiki.net logo
作者 ニクラス・ラクストローム(Niklas Laxström)
開発元 ニクラス・ラクストローム、シエブランド・メイズランド(Siebrand Mazeland)
初版 2006年7月 (アルファ版: 2005年)
最新版 開発継続中 / 毎月MLEBでリリース
対応OS クロスプラットフォーム
対応言語 300言語
サポート状況 現役
種別 翻訳支援ツール
ライセンス GPL; free service
公式サイト translatewiki.netドキュメンテーション
テンプレートを表示

translatewiki.netとはMediawikiを全種類のテキストに対応した強力な翻訳ツールにするためのウェブ型翻訳プラットフォームである[1]。Mediawiki向けの翻訳エクステンションとして動作している。

9,000人以上の翻訳者がおり[2]、Mediawiki、オープンストリートマップMifosEncyclopedia of LifeMantisBTを含む40以上の翻訳プロジェクトと6万以上のページ数を誇る[3]

機能[編集]

主な機能とエンジン、翻訳エクステンションはウィキの形式になっているため、投稿が簡単であり参入障壁を出来る限り取り払っている[4]。翻訳者から他の重荷を全て取り払い、翻訳に集中させることで品質を向上させている。

翻訳は翻訳者がすぐ利用できて、自動でリビジョンコントロールシステムと翻訳対象のウィキページを同期することができる[5]。最も成功した例には、ウィキメディア・プロジェクトのMediaWikiで新しいローカライズがその日のうちに有効にすることが出来ることである(「連続的な翻訳」[6]、「連続的なローカライズ」と呼ばれることがある)。

翻訳エディタは次のような翻訳支援ツール機能を複数提供している。

  • 「コンテキスト」(文脈)として知られるメッセージドキュメント
  • コーパス機械翻訳による提案
  • 良くある構文誤りの検査
  • メッセージの翻訳状態[7]

translatewiki.netはセマンティック・ウェブの一部であるSemantic MediaWikiでもある[8][8][9]

歴史[編集]

ウィキマニア2012で行われたニクラス・ラクストロームによる講演「Translating the wiki way: Simple, fast, fun」

2006年6月にニクラス・ラクストロームがBetawikiという名前で[10]MediaWikiの全言語対応ローカライゼーションプラットフォームを発表した[11]

翻訳の他に、MediaWiki(2005年の時点での名前はNukawiki[4])を国際化と地域化の改善に主眼を置いた統合開発環境の特徴を持った開発も行われた[12]

2007年末、シエブランド・メイズランドがウェブサイトの管理に参加し、ドメイン名も現在のtranslatewiki.netに変更した。

2008年4月時点でMediaWikiの100もの言語版とエクステンションの200もの言語版やFreeColに対応し、これまでで最も翻訳されたソフトウェアプロジェクトの1つとなっていった。以後、独立系ボランティア方式プロジェクトでありながら[13][14]MediaWikiや、MediaWikiで動いている280以上の言語版があるウィキペディアを含むウィキメディアの世界的成功の立役者となった[15]

2009年、ニクラスはGoogle Summer of Codeにてtranslatewiki.netの改善を行った[16]

2011年に校正機能が導入された[17]

2012年、翻訳メモリエンジンが拡張され、全ウィキメディアプロジェクトで翻訳に活用できるようになった[18]

2013年、翻訳プラットフォームが「Translate User eXperience」(別名TUX)によってナビゲーション、エディタの外観と使い勝手、翻訳エリア、フィルター、検索、色とスタイルにわたって大規模な改造を受けた[7]

対応形式[編集]

以下、ネイティブ対応している形式の一部である。カスタマイズで追加が可能である[19]

主な利用例[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Reina, Laura Arjona; Robles, Gregorio; González-Barahona, Jesús M. (undefined). A Preliminary Analysis of Localization in Free Software: How Translations Are Performed - Spreadsheet. IFIP Advances in Information and Communication Technology. Springer Berlin Heidelberg. pp. 153-167. doi:10.1007/978-3-642-38928-3_11. ISBN 978-3-642-38927-6. http://gsyc.urjc.es/~grex/repro/oss2013-translations/oss2013_l10n_research_script.ods 2015年1月27日閲覧。. 
  2. ^ Statistics、2017年4月4日閲覧。
  3. ^ Live localisation statistics, example language Finnish.”. translatewiki.net. 2017年4月4日閲覧。
  4. ^ a b translatewiki.net celebrates – so do I” (2011年4月22日). 2014年8月2日閲覧。, post for 6th birthday.
  5. ^ Translatewiki.net Community”. mifos.openmf.org (2011年4月27日). 2014年11月1日閲覧。 “The switch to Translatewiki.net provides us with a stable and actively maintained translation infrastructure smoothly syncing with our Git repository”
  6. ^ Whittaker, James A.; Arbon, Jason; Carollo, Jeff (21 March 2012). How Google Tests Software. Addison-Wesley. p. 212. ISBN 9780132851558. https://books.google.com/books?id=VrAx1ATf-RoC&pg=PA212 2015年1月22日閲覧。. 
  7. ^ a b Redesigning the Translation experience: An overview”. Wikimedia Foundation blog (2013年3月25日). 2014年11月1日閲覧。[信頼性要検証]
  8. ^ a b Stadler, Claus; Lehmann, Jens; Höffner, Konrad; Auer, Sören (2012). “LinkedGeoData: A core for a web of spatial open data”. Semantic Web (IOS Press) 3 (4). doi:10.3233/SW-2011-0052. ISSN 1570-0844. 
  9. ^ Bry, Francois; Schaffert, Sebastian; Vrandecic, Denny; Weiand, Klara (2012). “Semantic Wikis: Approaches, Applications, and Perspectives”. Lecture Notes in Computer Science 7487: 329–369. doi:10.1007/978-3-642-33158-9_9. ISBN 978-3-642-33157-2. ISSN 0302-9743. "Semantic wikis could be used to contribute to the semi-automatisation of the translation process by making explicit the multi-lingual correspondences between texts." 
  10. ^ Etusivu — Betawiki” (2006年6月12日). 2006年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月2日閲覧。[要非一次資料]
  11. ^ Niklas Laxström, language engineer and Wikimedian”. blog.wikimedia.org (2012年4月23日). 2014年11月1日閲覧。[信頼性要検証]
  12. ^ TranslateWiki.net – BetaWiki to Translate WikiMedia”. killerstartups.com (2008年3月11日). 2014年8月2日閲覧。
  13. ^ Gómez Fontanills, David; Mörth, Karlheinz (2012). “Panorama of the wikimediasphere”. Digithum (University of Catalun) (14). オリジナルの2014-03-30時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140330160112/http://www.uoc.edu/ojs/index.php/digithum/article/viewFile/n14-gomez/n14-gomez-eng 2013年5月1日閲覧。. 
  14. ^ Siam, Omar (2013) (German). Ein digitales Wörterbuch der 200 häufigsten Wörter der Wikipedia in ägyptischer Umgangssprache: corpusbasierte Methoden zur lexikalischen Analyse nicht-standardisierter Sprache [A digital dictionary of the 200 most frequent words in Wikipedia in Egyptian colloquial language: corpus-based methods for lexical analysis of non-standard language]. Faculty of Cultural Philosphy, University of Vienna. http://othes.univie.ac.at/26036/ 2014年11月1日閲覧。. 
  15. ^ Moeller, Erik (2008年4月18日). “Free Culture Spotlight: Interview with BetaWiki founder Niklas Laxström”. blog.wikimedia.org. 2014年11月1日閲覧。[信頼性要検証]
  16. ^ GSoC wrap-up – Translate extension” (2009年9月1日). 2014年8月3日閲覧。[要非一次資料]
  17. ^ Putting that another pair of eyes into good us” (2011年12月29日). 2014年8月3日閲覧。[要非一次資料]
  18. ^ Efficient translation: Translation memory enabled on all Wikimedia wikis” (2012年9月7日). 2014年8月3日閲覧。[要非一次資料]
  19. ^ File format support”. mediawiki.org. 2014年11月1日閲覧。[要非一次資料]
  20. ^ Wiki: Updated stats, translations, project pages”. a3li.li (2013年6月9日). 2014年8月3日閲覧。
  21. ^ 2013 Gentoo Foundation Inc. Secretary's Report”. gentoo.org (2013年8月18日). 2014年8月3日閲覧。
  22. ^ KDE UserBase proudly presents another cool feature of the Translate extension developed by the fantastic Niklas Nikerabbit Laxström”. Pipesmoker's Blog (2011年6月13日). 2014年8月3日閲覧。
  23. ^ 4 years in 6 minutes” (2012年12月30日). 2014年8月3日閲覧。 “The explosion in around mid 2010 happened when we introduced the awesome translate extension for mediawiki.”
  24. ^ Localising Joomla! Documentation, by Tom Hutchison, 24 February 2014.
  25. ^ Translation Portal, wiki.simplemachines.org.

外部リンク[編集]