景公 (斉)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
景公 姜杵臼
第26代公
王朝
在位期間 前547年 - 前490年
姓・諱 姜杵臼
生年 不詳
没年 前490年
霊公
穆孟姫

景公(けいこう)は、春秋時代の第26代君主。母の穆孟姫公族出身の宰相叔孫僑如の娘。霊公の子で荘公光の異母弟。娘は闔閭の子の太子波(太子終纍)に嫁いだ[1]

生涯[編集]

兄の荘公光が横死したあと、崔杼に擁立されて斉公となる。崔杼の死後は晏嬰を宰相として据え、軍事面では晏嬰の推薦により司馬穰苴を抜擢した。斉は景公のもとで覇者桓公の時代に次ぐ第2の栄華期を迎え、孔子も斉での仕官を望んだほどである。しかし、これらの斉の繁栄は晏嬰の手腕によるもので、景公自身は贅沢を好んだ暗君として史書に描かれる場合が多い。

脚注[編集]

  1. ^ 杜預の『春秋経伝集解』および司馬貞の『史記索隠』が引く『竹書紀年』より。