メジロブライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メジロブライト
Mejiro Bright 19991226R1.jpg
1999年12月26日 中山競馬場
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1994年4月19日
死没 2004年5月16日(10歳没)
メジロライアン
レールデユタン
母の父 マルゼンスキー
生国 日本の旗 日本北海道伊達市
生産 メジロ牧場
馬主 (有)メジロ牧場
調教師 浅見国一栗東
浅見秀一(栗東)
競走成績
生涯成績 25戦8勝
獲得賞金 8億3258万7000円
テンプレートを表示

メジロブライト日本競走馬。1998年の天皇賞(春)を制し、同年のJRA賞最優秀父内国産馬に選ばれた。メジロドーベルとともにメジロライアンの代表産駒の一頭に数えられる。半兄中央競馬高崎競馬ダート戦線で活躍したメジロモネ、半弟に2000年の朝日杯3歳ステークスを勝ったメジロベイリーがいる。

※以降、馬齢はすべて旧表記を用いる。

戦績[編集]

3歳(1996年)[編集]

メジロブライトがデビューしたのは8月31日、函館新馬戦(芝1800メートル)だった。デビュー戦で騎乗したのは千田輝彦。6頭立ての6番人気単勝オッズは58.9倍)の低評価を覆して、初勝利を挙げた。この時の勝ちタイム2分01秒6は、当時の芝2000メートルのレコードタイム(1分57秒8)より約4秒も遅かった。

その後、すずらん賞2着を経て、デイリー杯3歳ステークスに出走。7番人気の低評価ながら、のちにNHKマイルカップモーリス・ド・ゲスト賞を勝つシーキングザパールの2着と善戦した。このデイリー杯から松永幹夫が騎乗している。その後、4戦目のラジオたんぱ杯3歳ステークスで初の重賞制覇を果たした。

4歳(1997年)[編集]

4歳初戦の共同通信杯4歳ステークスで2つ目の重賞制覇を果たし、メジロブライトはクラシック候補の1頭として注目されるようになった。共同通信杯後、2月末に調教師の浅見国一が定年を迎え、メジロブライトは息子の浅見秀一の管理馬となった。

メジロブライトはその後、1番人気に推された皐月賞トライアルスプリングステークスに出走したが、ビッグサンデーを捕らえきれず2着。続く皐月賞でも1番人気に支持されたが4着、日本ダービーでも再び1番人気に推されたが3着に終わった(皐月賞もダービーも優勝馬はともにサニーブライアン)。皐月賞では4コーナー12番手から、ダービーは4コーナー10番手から直線だけで猛烈に追いこんだが届かなかった。

その後、メジロブライトは夏場の休養を経て菊花賞トライアルの京都新聞杯に出走。神戸新聞杯を勝利したマチカネフクキタルに次ぐ2番人気に推されたものの3着。続くクラシック三冠最終戦の菊花賞では古馬相手に京都大賞典を勝ったシルクジャスティスに次ぐ2番人気に支持されるが、ここでもマチカネフクキタルの3着に敗れた。

菊花賞後、メジロブライトはステイヤーズステークスに出走。2着に1秒8の大差を付けて、3つ目の重賞制覇を果たした。なお、このステイヤーズステークスから鞍上が松永幹夫から河内洋に乗り替わっている。これは松永がステイヤーズステークス当日、阪神競馬場で行われたワールドスーパージョッキーズシリーズに出場するための乗り替わりだったが、これ以降松永がメジロブライトに騎乗することはなかった。

5歳(1998年)[編集]

翌1998年、メジロブライトは前走からの勢いそのままにアメリカジョッキークラブカップ阪神大賞典とGIIレースを連勝して、天皇賞(春)に挑んだ。天皇賞(春)ではシルクジャスティスに次ぐ2番人気に推された。レースでは、いつもの後方からの追い込みではなく、中団から直線で抜け出すというレースぶりで2着のステイゴールドに2馬身差を付けて優勝。念願の初GI制覇を成し遂げた。関西テレビ杉本清アナウンサーはメジロマックイーン以来、ひさびさのメジロ牧場の天皇賞制覇を称え「メジロ牧場に春!羊蹄山の麓に春!!」と実況している。

重賞4連勝で臨んだ次走の宝塚記念は発走前にゲート内で立ち上がって暴れて外枠発走となり、レース中にも内埒にぶつかり大きく体勢を崩すなどして11着と大敗した。秋になると、メジロブライトは京都大賞典から始動したが、逃げるセイウンスカイを捕まえ切れず2着に終わった。続く天皇賞(秋)では逃げるサイレンススズカを意識して普段より早めに前の馬を捕らえに行く作戦で臨んだが、4コーナー残り600m付近で故障して少しずつ外に逸れて行くサイレンススズカを2番手で追走していたサイレントハンターとともに2頭だけ大外から抜く事になり、メジロブライトは直線入口で大きく順位を下げる不利な状況となった。結局、これが原因で直線で伸びを欠き、オフサイドトラップの5着に終わった。続く有馬記念は大外から追い込んだが、勝ったグラスワンダーに1/2差及ばず2着に敗れた。ただ、メジロブライトは天皇賞(春)での勝利が決め手となり、この年の最優秀父内国産馬に選出されている。

6歳以降(1999年 - 2000年)[編集]

1999年、メジロブライトは春初戦の日経新春杯は59.5kgの斤量を克服して勝ったものの、阪神大賞典と天皇賞(春)はともに0秒1差の2着に終わった(阪神大賞典も天皇賞(春)も優勝馬はともにスペシャルウィーク)。

宝塚記念をパスして、夏を休養に当てたメジロブライトは秋になると、京都大賞典から復帰したが、このレースでも0秒1差の2着に終わり、これで3戦連続で0秒1差の2着となった。

その後、天皇賞(秋)は全く見せ場なく11着に敗れ、有馬記念は5着に入るのが精一杯だった。有馬記念後は父ライアン同様、メジロブライトも屈腱炎を発症し、長期休養に入った。

屈腱炎による長期休養からメジロブライトが復帰したのは2000年10月8日の京都大賞典のことだった。10か月ぶりのレースだったが、往年の走りは見られず8着と敗れ、レース後には屈腱炎が再発。重度の屈腱炎だったことから、競走生活を断念、そのまま引退した。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F
着差 勝ち馬/(2着馬)
1996. 8. 31 函館 3歳新馬 6 3 3 58.9(6人) 1着 千田輝彦 53 芝1800m(良) 2:01.6 (35.3) -0.1 (パームシャドウ)
9. 22 函館 すずらん賞 OP 8 1 1 3.9(2人) 2着 横山賀一 53 芝1800m(良) 1:51.5 (35.0) 0.2 スプリングダイアナ
10. 19 京都 デイリー杯3歳S GII 16 5 10 28.5(7人) 2着 松永幹夫 53 芝1400m(良) 1:22.1 (34.7) 0.8 シーキングザパール
12. 21 阪神 ラジオたんぱ杯3歳S GIII 15 4 7 3.9(2人) 1着 松永幹夫 54 芝2000m(良) 2:03.1 (37.1) -0.3 ブレーブテンダー
1997. 2. 9 東京 共同通信杯4歳S GIII 13 8 13 1.6(1人) 1着 松永幹夫 56 芝1800m(良) 1:47.5 (34.8) -0.1 セイリューオー
3. 16 中山 スプリングS GII 13 4 5 1.4(1人) 2着 松永幹夫 56 芝1800m(稍) 1:52.3 (36.6) 0.1 ビッグサンデー
4. 13 中山 皐月賞 GI 18 4 8 2.9(1人) 4着 松永幹夫 57 芝2000m(良) 2:02.2 (35.4) 0.2 サニーブライアン
6. 1 東京 東京優駿 GI 18 7 15 2.4(1人) 3着 松永幹夫 57 芝2400m(良) 2.26.9 (34.5) 0.3 サニーブライアン
10. 12 京都 京都新聞杯 GII 12 5 6 3.4(2人) 3着 松永幹夫 57 芝2200m(良) 2:13.3 (34.1) 0.2 マチカネフクキタル
11. 2 京都 菊花賞 GI 18 7 14 3.8(2人) 3着 松永幹夫 57 芝3000m(良) 3:07.9 (34.1) 0.2 マチカネフクキタル
11. 29 中山 ステイヤーズS GII 13 8 12 1.6(1人) 1着 河内洋 55 芝3600m(重) 3:48.7 (35.6) -1.8 アドマイヤラピス
1998. 1. 25 中山 アメリカJCC GII 11 3 3 1.8(1人) 1着 河内洋 57 芝2200m(良) 2:15.3 (34.5) -0.4 マイネルブリッジ
3. 22 阪神 阪神大賞典 GII 10 3 3 1.4(1人) 1着 河内洋 57 芝3000m(良) 3:09.3 (33.8) 0.0 シルクジャスティス
5. 3 京都 天皇賞(春) GI 14 4 5 2.3(2人) 1着 河内洋 58 芝3200m(良) 3:23.6 (34.3) -0.3 ステイゴールド
7. 12 阪神 宝塚記念 GI 13 2 2 3.2(2人) 11着 河内洋 58 芝2200m(良) 2:13.2 (35.9) 1.3 サイレンススズカ
10. 15 京都 京都大賞典 GII 7 3 3 2.3(1人) 2着 河内洋 59 芝2400m(良) 2:25.7 (34.5) 0.1 セイウンスカイ
11. 1 東京 天皇賞(秋) GI 12 2 2 6.2(2人) 5着 河内洋 58 芝2000m(良) 2:00.1 (36.8) 0.8 オフサイドトラップ
12. 27 中山 有馬記念 GI 16 5 10 5.3(3人) 2着 河内洋 57 芝2500m(良) 2:32.2 (34.5) 0.1 グラスワンダー
1999. 1. 24 京都 日経新春杯 GII 12 8 11 2.1(1人) 1着 河内洋 59.5 芝2400m(良) 2:31.4 (34.6) 0.0 エモシオン
3. 21 阪神 阪神大賞典 GII 9 8 8 1.7(1人) 2着 河内洋 59 芝3000m(重) 3:13.5 (37.5) 0.1 スペシャルウィーク
5. 2 京都 天皇賞(春) GI 12 7 10 4.1(3人) 2着 河内洋 58 芝3200m(良) 3:15.4 (34.0) 0.1 スペシャルウィーク
10. 10 京都 京都大賞典 GII 10 6 6 3.4(2人) 2着 河内洋 59 芝2400m(良) 2:24.4 (34.1) 0.1 ツルマルツヨシ
10. 31 東京 天皇賞(秋) GI 17 2 4 6.8(3人) 11着 河内洋 58 芝2000m(良) 1:59.1 (35.3) 1.1 スペシャルウィーク
12. 26 中山 有馬記念 GI 14 7 13 6.5(3人) 5着 河内洋 56 芝2500m(良) 2:37.5 (34.8) 0.3 グラスワンダー
2000. 10. 8 京都 京都大賞典 GII 12 5 6 22.2(5人) 8着 石橋守 59 芝2400m(良) 2:27.0 (33.9) 1.0 テイエムオペラオー
  • 1996年(4戦2勝)
    • ラジオたんぱ杯3歳ステークス
    • 2着 - デイリー杯3歳ステークス
  • 1997年(7戦2勝)
    • ステイヤーズステークス、共同通信杯4歳ステークス
    • 2着 - スプリングステークス
    • 3着 - 東京優駿(日本ダービー)、菊花賞
    • 4着 - 皐月賞
  • 1998年(7戦4勝)
    • 天皇賞(春)、アメリカジョッキークラブカップ、阪神大賞典
    • 2着 - 有馬記念、京都大賞典
    • 5着 - 天皇賞(秋)
  • 1999年(6戦1勝)
    • 日経新春杯
    • 2着 - 天皇賞(春)、阪神大賞典、京都大賞典
    • 5着 - 有馬記念
    • 11着 - 天皇賞(秋)
  • 2000年(1戦0勝)

引退後[編集]

2000年に引退後、アロースタッド種牡馬となるが受胎率が悪く種付け頭数は初年度91頭、2年目30頭、3年目12頭と年々下がっていった。その後、2003年秋にビッグレッドファームに移り、2004年の種付け数が32頭と増えた矢先の2004年5月16日、心臓発作で急死した。現在、故郷である北海道洞爺湖町のメジロ牧場洞爺にメジロブライトの墓がある。2007年にせん馬マキハタサイボーグステイヤーズステークスを勝利し産駒の重賞初勝利を記録した。

おもな産駒[編集]

エピソード[編集]

  • 本馬と同じメジロブライトという競走馬がいた。1983年生まれで本馬がデビュー時に所属していた浅見国一厩舎に所属。通算4戦1勝に終わったが、本馬の主戦騎手だった河内洋も騎乗していた。なお、「初代」は父カーネルシンボリ、母ドウヤムラサキ(母の父ジルドレ)という血統のため、両馬は無関係である。
  • 浅見国一調教師の定年が近づいていたころ、伊藤修司調教師から「何かいい馬を譲って欲しい」と言われた。そこで、新馬戦を勝ったばかりのメジロブライトの名を冗談で挙げたところ、「1800メートルを2分もかかるような馬はいらん」と返された。

血統表[編集]

メジロブライト血統ノーザンテースト系 / Northern Dancer4×4=12.5%) (血統表の出典)[§ 1]
父系 ノーザンテースト系
[§ 2]

メジロライアン
1987 鹿毛
父の父
アンバーシャダイ
1977 鹿毛
*ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
*クリアアンバー
Clear Amber
Ambiopoise
One Clear Call
父の母
メジロチェイサー
1977 鹿毛
メジロサンマン Charlottesville
*パラディシアParadisea
*シェリル
Cheryl
*スノッブSnob
Chanel

レールデユタン
1982 鹿毛
マルゼンスキー
1974 鹿毛
ニジンスキー Northern Dancer
Flaming Page
*シル
Shill
Buckpasser
Quill
母の母
ケイツナミ
1974 鹿毛
*ラディガ
Ladiga
Graustark
Celia
ハイビスカス *アドミラルバード
キクジュヒメ F-No.4-r
母系(F-No.) 4号族(FN:4-r) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer4×4 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ メジロブライト 5代血統表2017年8月28日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com メジロブライト 5代血統表2017年8月28日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ メジロブライト 5代血統表2017年8月28日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ メジロブライト 5代血統表2017年8月28日閲覧。

外部リンク[編集]