ドレスデン包囲戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドレスデン包囲戦
Dresden 1760 - 4.jpg
ドレスデンの地図、1760年
戦争七年戦争
年月日1760年7月13日 - 7月22日
場所ザクセン選帝侯領ドレスデン
結果:ハプスブルクとザクセンの勝利
交戦勢力
神聖ローマ帝国の旗 ハプスブルク帝国
ザクセン選帝侯領の旗 ザクセン選帝侯領
プロイセンの旗 プロイセン王国
指導者・指揮官
神聖ローマ帝国の旗 ヨハン・マクガイア プロイセンの旗 フリードリヒ2世
戦力
14,000

ドレスデン包囲戦(ドレスデンほういせん、ドイツ語: Belagerung von Dresden)は、七年戦争中の1760年7月、プロイセン王フリードリヒ2世によるザクセン選帝侯領の首都ドレスデンの包囲。

背景[編集]

七年戦争初期の1756年、フリードリヒ2世は先制攻撃してザクセンに侵攻、ドレスデンを占領した。その後、プロイセン軍とオーストリア軍は一進一退を繰り返し、オーストリアは1759年9月4日にドレスデンを奪い返した[1]。フリードリヒ2世はその奪回の機会を窺っていた。

経過[編集]

1760年7月13日、プロイセン軍はフランツ・モーリス・フォン・ラシ英語版率いるオーストリア軍に後をつけられながらドレスデン周辺に到着した。プロイセン軍はエルベ川を渡河、ドレスデンの周辺を制圧して砲台を設置、市内に狙いを定めた[2]。フリードリヒ2世はこのとき、市内の居住地をわざと狙ったと言われた[3]。しかし、10日もしないうちにフリードリヒ2世はレオポルト・フォン・ダウン率いるオーストリア軍に打撃を与えるべく転進、ドレスデン包囲を諦めた。

その後[編集]

フリードリヒ2世は続いてシュレージエンに侵入、8月15日にリーグニッツの戦いを戦った。

ドレスデン市への無差別破壊がフリードリヒ2世の名声にさらなる傷をつけた。特に包囲を解いた後に選帝侯フリードリヒ・アウグスト2世が所有するピルナ英語版の庭園を破壊したことは批判を呼んだ[4]

ドレスデン包囲戦は1757年のプラハ包囲戦と1758年のオルミュッツ包囲戦に続いて、七年戦争中にフリードリヒ2世が諦めることを余儀なくされた3度目の包囲戦だった[5]

脚注[編集]

  1. ^ Dull, p. 156.
  2. ^ Szabo, p. 282.
  3. ^ Childs, p. 168.
  4. ^ Dull, p. 182.
  5. ^ Szabo, p. 283.

参考文献[編集]

  • Childs, John. Armies and Warfare in Europe, 1648-1789. Manchester University Press, 1982.
  • Dull, Jonathan R. The French Navy and the Seven Years' War. University of Nebraska Press, 2005. ISBN 0-8032-1731-5.
  • Szabo, Franz A.J. The Seven Years War in Europe, 1757-1763. Pearson, 2008.


座標: 北緯51度03分00秒 東経13度44分00秒 / 北緯51.0500度 東経13.7333度 / 51.0500; 13.7333