サトノアレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サトノアレス
Satono-Ares IMG 2693-1 20161218.jpg
朝日杯フューチュリティステークス表彰式
(2016年12月18日)
欧字表記 Satono Ares
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2014年2月25日
死没 (現役競走馬)
ディープインパクト
サトノアマゾネス
母の父 デインヒル
生国 日本の旗 日本北海道千歳市
生産 社台ファーム
馬主 (株)サトミホースカンパニー
調教師 藤沢和雄美浦
競走成績
生涯成績 12戦4勝
獲得賞金 1億4909万7000円
(2018年2月4日現在)
 
勝ち鞍
GI 朝日杯フューチュリティステークス 2016年
テンプレートを表示

サトノアレスは、日本競走馬である。2016年の朝日杯フューチュリティステークス(GI)勝馬。馬名の由来は冠名+ギリシャ神話の戦の神。JRA/美浦TC・藤沢和厩舎所属。

経歴[編集]

2歳[編集]

2016年8月14日のメイクデビュー札幌で2番人気でデビュー。後方からレースを進め、直線でコリエドールとの一騎討ちとなるもクビ差の2着[1]。2戦目は8月28日札幌の2歳未勝利戦に1番人気で出走、好位から脚を伸ばすもサングレーザーの2着となる[2]。 3戦目は9月11日中山の2歳未勝利戦、道中4・5番手を追走すると直線で先に抜け出したレッドローゼスをゴール寸前で捉えて初勝利を挙げる[3]。11月27日のベゴニア賞は道中7番手で待機すると直線で一気に抜け出し、エトルディーニュに1馬身半差をつけて快勝した[4]。そして迎えた12月18日の朝日杯フューチュリティステークスは中団からやや後方に位置すると直線で外から一気に脚を伸ばして先頭に立つと、外から追い上げるモンドキャンノの追撃を振り切りG1初制覇を飾った[5]

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
2016.08.14 札幌 2歳新馬 芝1800m(良) 7 7 7 002.90(2人) 02着 R1:52.8(34.6) -0.0 柴山雄一 54kg コリエドール
0000.08.28 札幌 2歳未勝利 芝1800m(良) 9 3 3 001.20(1人) 02着 R1:51.8(35.3) -0.2 C.ルメール 54kg サングレーザー
0000.09.11 中山 2歳未勝利 芝1800m(稍) 15 5 8 002.20(1人) 01着 R1:50.2(34.8) -0.0 柴山雄一 54kg (レッドローゼス)
0000.11.27 東京 ベゴニア賞 芝1600m(良) 13 6 8 004.10(2人) 01着 R1:35.6(33.8) -0.2 R.ムーア 55kg (エトルディーニュ)
0000.12.18 阪神 朝日杯FS GI 芝1600m(良) 18 8 17 014.20(6人) 01着 R1:35.4(34.1) -0.1 四位洋文 55kg (モンドキャンノ)
2017.03.19 中山 スプリングS GII 芝1800m(良) 11 7 9 003.20(1人) 04着 R1:48.7(35.5) -0.3 戸崎圭太 56kg ウインブライト
0000.04.16 中山 皐月賞 GI 芝2000m(良) 18 7 13 019.80(8人) 11着 R1:58.4(33.9) -0.6 戸崎圭太 57kg アルアイン
0000.07.02 函館 巴賞 OP 芝1800m(良) 8 6 6 001.50(1人) 01着 R1:46.5(34.1) -0.0 C.ルメール 54kg (アングライフェン)
0000.07.16 函館 函館記念 GIII 芝2000m(重) 16 1 1 003.80(1人) 06着 R2:01.6(35.8) -0.4 C.ルメール 54kg ルミナスウォリアー
0000.10.21 東京 富士S GIII 芝1600m(不) 15 1 1 015.30(6人) 06着 R1:35.7(35.3) -0.9 大野拓弥 54kg エアスピネル
0000.11.25 東京 キャピタルS OP 芝1600m(良) 18 1 2 004.30(2人) 02着 R1:32.6(33.4) -0.0 C.ルメール 55kg ダイワキャグニー
2018.02.04 東京 東京新聞杯 GIII 芝1600m(良) 16 2 3 008.90(5人) 02着 R1:34.3(33.3) -0.2 柴山雄一 57kg リスグラシュー
  • 競走成績は2018年2月4日現在
  • 出典: [6]

血統表[編集]

出典[編集]

  1. ^ 【札幌新馬戦】良血コリエドール首差勝利 鞍上「もっと強くなる」スポーツニッポン、2016年12月18日閲覧
  2. ^ 【2歳未勝利】(札幌1R)~サングレーザーが勝利netkeiba.com、2016年12月18日閲覧
  3. ^ 【中山2歳未勝利】1番人気のサトノアレスが鼻差で差し切りVスポーツ報知、2016年12月18日閲覧
  4. ^ 【ベゴニア賞】ディープインパクト産駒サトノアレスが2連勝 次走は朝日杯FSへスポーツ報知、2016年12月18日閲覧
  5. ^ 【朝日フューチュリティS】2歳王者はサトノアレス! 直線伸ばしてG1初Vスポーツニッポン、2016年12月18日閲覧
  6. ^ 競走成績:全競走成績|サトノアレス”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2017年7月18日閲覧。

外部リンク[編集]